大阪・京都・神戸・東京に拠点を置く一級建築士事務所

06-6914-2626 営業時間 9:00~18:00(平日)
お問い合わせ

社員ブログ

2018.08.07|ブログ

どうしたらいい?大規模修繕に向けた積立を考える

この記事を書いた人

(株)ACEで工事の管理者を務めております。ウェブブログやSNSも担当しております。

マンションの大規模修繕のは多額の費用が必要になります。

お金の問題はこれから修繕を考えている方にとって心配事のひとつだと思います。

修繕に費用がどのくらいかかるのかはマンションの劣化状況によって大きく変化しますので、まずは積立金について詳しく理解をしておきましょう。

 

 1.積立金はなぜ必要?

もし定期的に大規模修繕を行わなければ劣化が一気に進んでしまい、マンションの寿命を大幅に縮めることになりかねません。劣化を抑えるには、計画的に大規模修繕を行うことが重要です。その際、多額の修繕費用が必要になるためマンションの所有者から修繕積立金を毎月徴収しておく必要があるのです。

そもそも積立金は管理費用と勘違いされやすいですが、管理費用の共有部分は設備の点検、管理人への人権費などにあたるので、修繕の積立金とは別で必要となります。

 

2.計画的に積み立てないとどうなる?

積立金を考える際は念入りな計画を立てないと、予想外の事態を引き起こす原因になります。

 

積立金が不足する事態が増えている

大規模修繕を行う際、積立金が不足するというのが今問題になっています。積立金が不足する原因のひとつとして、毎月の修繕積立費用が少なかった、要するに入居者の方から月々徴収する金額が少なかったということが挙げられます。

マンションの修繕積立金は、長期修繕計画に基づいて集めたとしても不十分になることが多いようです。修繕にかかる費用はマンションの作りや設備、そのときや今後予想されるマンションの劣化状況によっても大きく変わるため、月々徴収する積立金を決める際は入念な計画が必要になります。

 

積立金不足は入居者の満足度を下げる事態につながる

積立金が不足している事で、入居者の方から徴収する修繕積立金の金額を上げなくればいけなくなるケースが増えています。中には、当初納めていた積立金から2倍~4倍の金額に増えたということもあるそうです。

このような事態は入居者に不信感を与えることにつながりますので、注意が必要です。

 

ローンに頼るのは危険?

修繕積立金をローンに頼るのは実は危険です。

というのも、マンションの大規模修繕は、一度きりの修繕工事ではありません。大規模修繕の終わりは、長い目で見れば次の大規模修繕に向けてのスタートといえます。

ですのでローンなどに頼ってしまうと、次の大規模修繕費の確保+ローンの返済のために入居者からの徴収する金額がどんどん上がってしまう事態になりかねません。

 

不安な点はすぐプロにご相談を!

先々を見据えて修繕積立金を考えていくことはとても大切ですが、自己判断では難しい部分も出てくるかと思います。進めるにあたって不安な点がありましたら無理して自分だけで進めようとせず、ぜひ一度株式会社ACEへご相談ください。

 

ACEは創業から48年間で培った豊富なノウハウをもとに、マンション大規模修繕工事のご相談からご依頼まで全力でお応えします。

安心して修繕を進められるよう、不安点はしっかり解消していきましょう!

 

マンション等の大規模修繕工事なら(株)ACEへどうぞ!

大阪・京都・神戸・東京を拠点に営業いたしております。
その他修繕工事や、設計・積算のご依頼などお気軽にご相談ください!